土壁ってコストが、かかりませんか?

塗り→乾燥→塗り→乾燥という工程を繰り返しますので、工期が伸びてしまう分どうしてもコストはかかってしまいます。
しかし、下地にはボード使用してその上から土壁にしたり、塗り壁のみしたりとお客様のご予算に合わせた手法もご提案できます。
また、地元の土を建材として使いますので材料費は低コストで地元の気候に合ったものを使うことができます。

土壁も塗り壁も古い技術のように思うんですが、現代の家より何がいいんでしょうか?

建材が自然素材のため、安心して暮らせる家を建てることができ、化学物質が含まれておらずシックハウス症候群などの病気を防ぐことができます。
また、役目を終えたら土に還るので環境にも優しいです。

実際に土壁の家を作りたいと思ったらどうしたらいいですか?

まずはご相談ください。
お住まいの地域の工務店さんや、左官さんをご紹介いたします。
そこからはお客様としっかりお話をさせていただいて、理想の家に近づけていきましょう。

土壁は、もろいというイメージがあるんですが・・・。

地元の土を使い最適な配合をし、気候にあった土壁を作れば強固な家を建てることができます。
参考ページ:「ねばい」と「さくい」

どのくらいのタイミングでメンテナンスが必要ですか?

基本的に土壁はメンテナンスは必要ありません。

いま住んでいる家を土壁か塗り壁にすることはできますか?

できます。
塗り壁の場合は、現状の壁の状態を拝見してから壁紙を剥がしてから塗るか、上から塗るか等をご提案させていただいております。
土壁の場合は家の構造によりますので、どちらもまずはご相談ください。

土壁って割れたりしませんか?

土壁が割れる原理は土が乾燥して反りが生じてるためです。割れを起こさない為には、塗る土の配合を最も重視することです。
多くのひび割れの原因は配合が疎かになっているが為に、ひび割れが生じているといっても過言ではありません。
割れない壁土を配合することは、特別ではありません。
弊社で作っている壁土(土壁用の土)は、割れない、ひび割れしない配合に自信があります。

土壁が割れたら、どのように補修すればいいですか?

土壁の構造や割れ方によって補修方法が変わりますので、お気軽にお問い合わせください。
一般の方にも壁材・建材を販売しておりますので、補修方法と一緒にお問い合わせください。

土壁って隙間風がひどいというイメージがあるんですが・・・。

土壁が割れている多くの原因は、土壁の材料である土の配合が悪かったり、ねずみが穴をあけるなどです。
割れない土壁を作ることは、土の配合により可能であり決して珍しいことではありません。
また土壁の補修も出来ますので、ご相談ください。

土壁や塗り壁にして、ボロボロ落ちてきたりしませんか?

土壁はボロボロ落ちたりするというイメージは、おそらく年数の経った建物で一番表面に塗る仕上げ剤がダメになってしまっていたり、土壁だと思われがちの綿壁によるものだと思われます。
現代では、仕上げ剤も高品質なものが増えていますので、ボロボロ落ちたりということはありません。
※綿壁 繊維壁ともいう。ソフトな感じに仕上がり、吸音性や調湿作用、施工性は高いが、耐久性が劣る部分もあり、用いられることが少なくなりました。

施工期間はどのくらい延びますか?

塗り→乾燥→塗り→乾燥という工程を繰り返しますので、時期・広報によっても異なりますが、普通の工期に約1ヶ月を足すくらいになると思います。
土壁は正しく塗と乾燥をすることで、より強固になっていきます、
また、中は石膏ボードなどにして、外側だけを塗り壁にすることも可能です。

.洋間にも合いますか?

壁の一番外側にに塗る仕上げ剤により、様々な表現をすることができます。
カラー・デザインバリエーションのページをご参考ください。

お問い合わせ
Copyright© 2006-2016東邦産業社 公式HP All Rights Reserved.